くしままちづくり協議会は、宮崎県串間市に事務局を置く任意の団体です。
 串間市の活性化のために旧吉松家住宅(*1)の雰囲気に合う大正ロマンのまちづくりを提唱し、串間市の「串間市中心市街地まちづくり基本計画」事業に提案を行っています。

路面電車によるまちづくり

 当協議会が特に強く提案してきたのが、路面電車によるまちづくりです。路面電車を建物として物販や公共施設として活用する提案を行っています。なぜ路面電車なのかは「なぜ路面電車?」から。
 第1号の車両として、広島電鉄株式会社より750形769号を平成27年5月26日に譲渡していただき、平成27年5月28日に設置することとなりました。
 769号車だけで終わるつもりはありません。活用方法についても、ご意見がありましたらぜひお聞かせください。
 →駅前事業に関する記事一覧

くしままちづくり基金

 路面電車に関連する事業において、譲渡代や輸送費はくしままちづくり協議会が支払うこととなります。しかし、我々個人の財力には限りがありますので、応援していただける方から基金を募っております。
 さしあたっては串間市の活性化を応援していただける方、750形769号の保存を応援していただける方、基金にご参加いただけないでしょうか。詳しくは「くしままちづくり基金について」から。
 お問い合わせは平日9:00~18:00、0987-27-3075(くしま市民活動交流センター・木原)までお願いいたします。

広場デザインの提案

 旧吉松家住宅前(東側)の空き地を市民・観光客の憩いの場になる広場づくりにおいても、デザイン等の提案を行っています。
 串間市中心市街地まちづくり基本計画では、「住む人と訪れる人がふれあうにぎわいとうるおいのあるまち」をテーマに計画・検討会が進められています。
 ここに広場デザインを提案しています。
 →広場デザインに関する記事一覧

新居﨑邸と石蔵を活かしたまちづくり

 旧吉松家住宅の並び、仲町商店街の中ほどには新居﨑氏が建てた、大正ロマンを感じる木造洋館と穀物貯蔵庫だった石蔵があります。和洋折衷の木造洋館と屋根が平たい石蔵は、旧吉松家住宅とは違った良さがあります。
 この新居﨑邸と石蔵も「串間市中心市街地まちづくり基本計画」で活用しようと、市民交流機能をもったシェアハウスやギャラリーに利用するという提案を串間市に行っています。

旧吉松家住宅でソフト事業

 路面電車や広場、新居﨑邸整備はここまでハード事業でしたが、ソフト事業も行います。
 現在、当協議会ではヨシマツカフェや吉松美術館など、旧吉松家住宅でのソフト事業を計画中です。

まちなかホタル事業

 広場予定地の空き地の前(東側)には、大島井堰(*2)が流れています。この大島井堰に、一昨年くらいからホタルが住み着くようになりました。地方とはいえ、道路ばかりの中心市街地に!です。
 平成26年度2月には、ホタルの幼虫が住んでいるかどうかの調査と大島井堰の清掃活動を行いました。結果、27年5月頃にはホタルが住宅街を舞う姿を確認しました。
 このホタルがもっと住みやすいように、広場デザインの中にホタルが成長できるビオトープを取りいれる提案も行っています。
 →まちなかホタル事業に関する記事一覧

くしままちづくり協議会規約

くしままちづくり協議会規約

(名称)
第1条
この協議会は、くしままちづくり協議会(以下「本会」という。)と称する。

(所在)
第2条
本会は、主たる事務所をくしま市民活動交流センター内に置く。

(目的)
第3条
本会は、串間市仲町商店街及び旧吉松家住宅周辺の振興並びに会員相互の連携や交流、後継者の育成を図ることを目的とする。

(事業)
第4条
本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 本会の運営
(2) 各種事業の開催
(3) 研修会、講習会の開催
(4) その他本会の目的達成に必要な事業

(組織)
第5条
本会は、本会の目的に賛同した会員を以て組織する。

(会員)
第6条
本会の会員は次の通りとする。
(1) 正会員:串間市に在住するもので2名以上の推薦を受け、役員会で承認を受けたもの

(役員)
第7条
本会は次の役員を置き、会を運営する。
(1) 会長  1名
(2) 副会長 2名
(3) 幹事  若干名
(4) 会計  1名
(5) 監査  2名

(役員の職務)
第8条
1 会長はこの会を代表し、会務を総理する
2 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその業務を代行する
3 幹事はこの会を担当し事業の執行を図る
4 会計はこの会の財務を担当する
5 監査はこの会の財務及び事業執行の状況を監査し、本総会にその結果を報告する。但し、役員会に出席し意見を述べることはできるが承認権を要しない。

(役員の任期)
第9条
会長及び役員は本会の総会で互選し、任期は2年とし、再任を妨げないものとする。

(顧問及び相談役)
第10条
本会には、顧問及び相談役を若干名おくことができる。
(1) 顧問及び相談役は役員会でこれを推薦し、会長がこれを委嘱する。
(2) 顧問及び相談役は本会の運営につき役員会及び会長に助言する。

(総会)
第11条
本会の総会は通常総会及び臨時総会とする。
第12条
総会の議長は総会において出席会員の中から選出する。
第13条
通常総会は毎年1回開催する。
第14条
会長は必要により臨時総会を招集する。

(定足数)
第15条
総会は、議決権の過半数を有する正会員の出席がなければ開会することはできない。

(決議)
第16条
総会における議事は正会員の議決権の過半数を以て行う。

(会費)
第17条
本会の運営に必要とする会費(年会費)を、次の通り徴収する。
(1) 正会員 年会費12,000円とする
第18条
本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

(罰則)
第19条
会員が本会の運営を阻害し、又は本会の体面を著しく毀損し品位に悖る行動があった時は、総会の過半数を以て除名する。

(附則)
第20条 本会は、平成25年7月2日より施行する。

*1 旧吉松家住宅とは、宮崎県串間市にある大正時代に建設された国指定重要文化財で、重要文化財の建造物にしては珍しく、会議室や展示会、結婚式等に利用することができます。詳しくはこちら
*2 大島井堰とは、江戸時代の石垣の名残がある農業用水路です。旧吉松家住宅前の広場の東側を流れています。

コメントを残す